【小顔整形の真実】糸リフト・顔の脂肪吸引・骨切りで一番効果があるのは?

こんにちは、A CLINIC銀座 院長のかな先生です。
しっかり小顔効果を出したけど、数ある小顔整形の中でどれを選んだらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は糸リフト、顔の脂肪吸引、骨切りの説明とその中でどの施術を受ければ良いのか詳しく解説していきます。

こちらの記事をご覧になれば、ご自身に合った小顔整形が分かりますのでぜひ最後までご覧ください。

山﨑 香名 医師

糸リフトについて

まず最初に糸リフトと顔の脂肪吸引にはどのような効果があって、どういう方に適しているかについてお話していきます。

私自身も毎日患者様に施術を行っている顔の脂肪吸引ですが、脂肪吸引とは名前の通り、脂肪を吸い出して小顔にする施術です。

顔の脂肪吸引は顔の脂肪が多い人に適しています。

糸リフト、顔の脂肪吸引、骨切りの中で糸リフトが一番ライトな小顔整形ですが、言ってしまえば人工繊維を顔に入れて、皮膚を下から上に持ち上げるだけの施術です。

小顔効果自体は抜群ですが、言っても糸なので重力には負けてしまい、引き上げ効果のピークは数ヶ月から半年くらいとなります。

人間は日々重力によって下へ下へと引っ張られているので、それに耐えきれなくなり自身の皮膚がまたたるんでしまうので、キープしたい場合は継続的に糸を繰り返し入れる必要はあります。

そのため、糸リフトがアプローチしている場所としては、皮膚と考えて頂くと良いと思います。

皮膚と皮膚を寄せているのが糸リフトのイメージですね。

コメカミのあたりの皮膚を下から上に引っ張った際にかなり上がる方は、糸リフトがかなりオススメです。

従来の糸リフトは、ダウンタイムが少ないと言われているものの、傷みが強かったり腫れが大きくでてしまって大変な思いをしたという方のお話を結構聞きますが、当院の糸リフトで言うところの『Aスレッド®』は、本当に腫れが少なく内出血がでることも稀なので、施術後すぐにお食事に行ったり、遊びに行く方も多いです。

私自身もAスレッド®は何回もやっていて、施術後すぐにそのまま仕事に従事しています。

皮膚と皮膚を寄せるという観点からすると、顔の脂肪が少なく痩せている方は糸リフトだけで十分かもしれません。

顔の脂肪吸引について

次に顔の脂肪吸引についてお話していきます。

糸リフトの次の段階が顔の脂肪吸引ですが、個人的には糸リフトと顔の脂肪吸引を同時に行うのがオススメです。

なぜ糸リフトと顔の脂肪吸引を同時に行うのが、オススメなのかについても説明していきますね。

脂肪を覆っているのは皮膚なので、脂肪を吸引すると皮膚がその分余ってしまいます。

皮膚が余るとどこにいくのかと言うと、重力に従い口もとに溜まってマリオネットラインやほうれい線になったりして、皮膚がダルっとしてしまいます。

脂肪吸引と一緒に糸リフトで皮膚を持ち上げておくことで、そうなることを防ぐことができます。

それがA CLINICの『1day小顔®脂肪吸引』です。

脂肪吸引後、実は結構内部の組織が傷ついており、傷を治す際には癒着して治るものなので、そのときに糸リフトで皮膚がピッタリとくっついており、上に上にと上がっている状態はとても良いです。

直後は糸リフトで上げた分、コメカミあたりに皮膚が溜まることがありますが、経過と共に徐々に目立たなくなり馴染んでいきます。

顔の脂肪吸引の直後から糸リフトが皮膚の中で、ピッタリくっついて上に上げ続けていることはやはりとても重要だと、毎日顔の脂肪吸引の施術を行ったり患者様の経過を見ると思います。

糸リフトを同時に行うことで、腫れや内出血の防止にもなるのでとてもオススメですが、ただ、顔の脂肪吸引が必要ない方もいらっしゃいます。

顔の脂肪がまったくないという方は糸リフトだけで十分です。
脂肪の重みで糸リフトも持続が悪そうな方は、顔の脂肪吸引との併用をオススメしています。

骨切りについて

続いて、骨切りについて詳しく説明していきます。

私が毎日1day小顔脂肪吸引のカウンセリング・施術を行っている中で、「この方は骨切りじゃないとお悩みは解消できない」となる方も実はいらっしゃいます。
これはなぜかというと、顔が大きく見えてしまう原因が脂肪じゃない場合が多いからです。

脂肪じゃなければ一体何なのか?ということですが、顔の皮膚の構成要素は皮膚、脂肪、筋肉、骨となっていますが、そのうちどれが原因なのかは人それぞれです。

骨が原因という方は実は結構な割合でいらっしゃいます。

頬骨があまりにも高くて顔の横幅がとても広い場合、頬はコケていないのに段差で凹んで見えてしまうということがあります。
また、このタイプの方は卵型の輪郭になりくいのも特徴です。

これらを解消したい場合、骨を削るというよりは骨切りを行って位置をずらすような施術を行います。

あとはエラの骨が張り過ぎていて、どんなに脂肪吸引を行ってもエラがあるために輪郭の四角さが強調されてしまう方もいらっしゃいます。

その場合も患者様には理想に近づくために骨切りの施術が必要だということは、お伝えしています。

とは言うものの、骨切りはハードルが高くダウンタイムなどが気になりますよね。
ここからは、糸リフト、顔の脂肪吸引、骨切りのそれぞれのダウンタイムについて、詳しくお話していきます。

糸リフト、顔の脂肪吸引、骨切りのそれぞれのダウンタイム

糸リフトは種類や本数、クリニックによってかなり異なりますが、当院のAスレッドでいうと基本的に腫れはほぼないと思って頂いて良いです。

直後は麻酔などの影響でむくみを感じますが、周りにバレることはありません。

ただし、頬骨が張っている方は皮膚を上に持ち上げている分、余計に頬骨の張りが気になる場合が多いです。
ですがそれも通常1~2週間ほどで落ち着いてきますので、ご安心ください。

顔の脂肪吸引に関しては、知っている方なら顔の周りをバンドのようなものでぐるぐる巻きにしているようなイメージをお持ちだと思いますが、これもA CLINICの1day小顔脂肪吸引ならフェイスバンドも不要で、他の方には顔の脂肪吸引を行ったとバレることはほぼないと思います。

骨切りに関してはご想像通り、確実に周りにはバレると思います。

骨切りをした後はそもそも安静にしておかなければいけないですし、口も大きく開けられません。翌日は熱が出る方もいらっしゃいます。

通常通りの生活を送るのは困難なので、2~3日はご自宅で安静に過ごして頂くのが良いと思います。

骨切りの施術から1週間も経過すると、流動食以外のものも少しずつ食べられるようになり、1ヶ月程経過する頃には人に会っても大丈夫かな?と心配することはあまりなくなると思います。

ただ、ご自身では1ヶ月経過してもまだ腫れていると感じるとは思います。
2~3ヶ月は腫れを感じるのではないでしょうか。

骨切りの施術後、完全に落ち着くのは半年程と言われています。

二重の切開術も1ヶ月経過してもまだ腫れているなと感じる方は多いと思います。
切開の場合も完全に治るまでは半年程掛かります。

切開系の施術を行った場合は周りからの理解も必要となるため、周りに美容整形を理解をしてくれる方々がいらっしゃらないと、受けにくいかなとは思います。

まとめ

今回は糸リフト、顔の脂肪吸引、骨切りの施術とそれぞれの違い、どのような方にどの施術が向いているかなどを詳しく解説していきました。

顔の脂肪吸引のこの部分についてもっと知りたい!
糸リフトは巷でこう言われているけど先生の意見を聞きたい!
などのリクエストをYouTubeのコメント欄やインスタグラムのDMで頂けましたら、動画にしたり質問にお答えしたり致しますので、お気軽にご連絡ください。

また、当院では初診料、カウンセリング料は無料となっておりますので、まずはお話だけでも聞いてみたいと言う方も、ぜひお気軽にA CLINICまでお越しください。

かな先生のInstagramへ

Aスレッド®︎のページへ

1day小顔®脂肪吸引®︎のページへ

記事の内容を動画で詳しく見る

関連する施術一覧