切らない眼瞼下垂術

顔のお悩み (眼周り)眼瞼下垂治療

眼瞼下垂治療
こんな方におすすめ

眼瞼下垂治療はこんな方におすすめ

  • 眼瞼下垂を治したい
  • 目付きが悪くなった
  • 目が重く開けづらい
  • 眠たそうに見える

眼瞼下垂って何?

眼瞼下垂(ガンケンカスイ)とは、まぶたを開く機能が弱まり目が開きにくくなる状態のことです。

皮膚が瞼に被さり、目つきが悪く、眠そうでぼんやりとした印象に見られがちです。

また、目の開きを改善しようと眉を上げる癖がついてしまい、常に額にしわが出来てしまいます。

 

眼瞼下垂症の病因は主に

①筋力の低下・不足

②挙筋腱膜のたるみ

③癒着による動き

の障害の3つに分けられます。

①は先天性、老人性、神経疾患、②は老人性、コンタクトレンズの使用など、③は外傷性、術後合併症などが原因となります。

眼瞼下垂の病因として最も多いのが②挙筋腱膜のたるみです。

 

 眼瞼下垂症 簡易図

 

 

 

眼瞼下垂症 解剖図  

 

 

眼瞼下垂症の治療では、目を開く筋肉である眼瞼挙筋を短縮することで開きを改善し、視界も広く従来の明るい印象の目元へ改善します。

当院では切開法と医療用の糸で施術をする2種類の方法からお選び頂けます。

 

眼瞼下垂の適応

・眠そうな目元をしている方

・目が開きにくい方

・眉を上げる癖がある方

・目を開いているても黒目が隠れている方

眼瞼下垂治療の症例一覧はこちら

 

A CLINICでの眼瞼下垂治療法

 

眼瞼下垂の施術の流れ

当院では、切開による挙筋短縮法と糸による方法で、患者様のご希望に合わせてお選び頂けます。

 

糸による治療

瞼の裏側から糸を通し、眼瞼挙筋を裏側から糸で縛る方法です。

傷口が表面に残らず、ダウンタイムが少ない事から気軽にお受け頂けます。

若い方の開きの悪さなどから埋没法二重術と一緒に施術される方も多い治療法です。

 

 

メリット

・腫れが少ない

・抜糸不要

・切開しないため傷がつかない

 

デメリット

・調整があまりきかない

・効果は切開より少ない

 

切開法

お目元の状態を確認しながら切開する位置に印をつけ、極細の注射針にて局所麻酔を行います。

上瞼の二重のラインをメスで切開し、眼瞼挙筋腱膜を瞼板に縫い付けます。

開眼が適切に改善されていることを確認してから皮膚を縫合します。皮膚も縫合するため、5~7日後に抜糸を致します。

傷口は1ヶ月程は赤みがございますが、徐々に白くなり半年から1年ほどでほとんどわからない程度になります。

*個人差があります。

 

 

メリット

・調整が可能

・効果が大きい

 

デメリット

・腫れや内出血が起こりやすい

・抜糸が必要

 

眼瞼下垂と

組み合わせるおすすめの施術

ほかの施術も組み合わせることでより理想の目元に近づけます。

 

埋没法二重術

スタンダード2点留め 98,000円(税込)

3点留め                         128,000円(税込)

見開きを良くすることに加え二重をつくると、よりナチュラルに大きなお目元を作ることが出来ます。

 

眉下リフト

スタンダード ベーシック 398,000円(税込)

スタンダード ロング   548,000円(税込)

まぶたのたるみを解消することでより目元の重さが改善されます。

 

料金

  • 眼瞼下垂治療 タッキング法 両目1ヶ所
    248,000円(税込)
  • 眼瞼下垂治療 タッキング法 両目2ヶ所
    496,000円(税込)
  • 眼瞼下垂治療 二重術オプション タッキング法
    200,000円(税込)
  • 眼瞼下垂治療 切開法 スタンダード
    398,000円(税込)
  • 眼瞼下垂治療 切開法 アドバンス
    598,000円(税込)

詳細情報

施術時間

約15分〜20分程

抜糸/施術後の通院

《クイック法》必要ありません。
《切開法》5~7日後に抜糸にご来院して頂きます。

腫れ・痛み

《クイック法》 徐々に落ち着きますが、2日〜1週間程で落ち着きます。
《切開法》5〜7日程で落ち着いてきます。さらに2〜3週間程で自然な仕上がりになります。
※個人差があります。

内出血

メイクでカバーできる程度ですが、
施術後1週間程、内出血により赤紫色になることがあります。
※個人差があります。

傷跡

《切開法》2週間程は赤みがあることがありますが、
2~3ヶ月程かけて細い白い線になり目立ちくくなります。
※個人差があります。

麻酔

点眼麻酔・局所麻酔を使用します。
チクッとした軽い痛みはあります。
ご希望の場合は笑気麻酔を併用します。(別途¥3,000)

メイク/洗顔/シャワー/洗髪

《クイック法》翌日より可能です。
《切開法》抜糸後より可能です。

入浴

《クイック法》翌日より可能です。
《切開法》抜糸後から可能です。

コンタクトレンズ

《クイック法》翌日より可能です。
《切開法》抜糸後から可能です。

激しいスポーツ/お顔への強いマッサージ

1ヶ月間お控えください。

その他

・まつ毛エクステをしていても施術を受けることはできますが、
 取れる場合がありますのでご了承ください。
・当日のお車の運転はお控えください。

眼周りのお悩み別でさがす

  • A-CRF
    銀座
    横浜

    A-CRFは不要な目元の脂肪を除去と、幹細胞を多く含む脂肪をへこみの部分に注入する施術です。定着率が高くキメが細かい脂肪で凸凹やしぼみを内側から押し上げて、若々...
    続きを読む

  • 目元の小じわ、くすみにはピコシュア
    銀座
    横浜

    ピコトーニング+フラクショナルってなに?ピコレーザー(ピコシュアPicosure®)を用いて眼周りの小ジワ、たるみ、くすみなどを改善する治療です。ピコトーニング...
    続きを読む

  • 抜糸がいらない!オーダーメイドの眉下リフト
    銀座
    横浜

    眉下リフトって何?年齢と共に現れる瞼のたるみは、二重幅が狭くなったり、目にかぶさってくるなど、どうしても老けた印象を与えがちです。二重のり、アイプチなどでたるん...
    続きを読む

  • 涙袋 ヒアルロン酸 かわいい 小顔 アンチエイジング涙袋形成術(ヒアルロン酸注入)
    銀座
    横浜

    涙袋形成術(ヒアルロン酸注入)とは?ヒアルロン酸を目の下瞼に注入することで、涙袋を作る施術です。ダウンタイムも少なく5~10分程度の短時間で行えるため人気のある...
    続きを読む

  • 目の下のふくらみ取り
    銀座
    横浜

    目の下のふくらみ取りって何?目元のお悩みの一つにクマがあります。クマはその原因によって種類が分かれ、目の下のふくらみによって出来る影が原因のクマを黒クマと呼びま...
    続きを読む

  • 目の下のたるみ取り
    銀座
    横浜

    目の下のたるみ取りって何?目の下はお顔の中でも最もシワやたるみが出やすい部分です。一度皮膚が伸びてしまうと、メイクでカバーするのは難しく老けた印象を与えがちです...
    続きを読む

  • まぶたのたるみを改善!眉下リフト
    銀座
    横浜

    眉下リフトって何?年齢と共に現れる瞼のたるみは、二重幅が狭くなったり、目にかぶさってくるなど、どうしても老けた印象を与えがちです。二重のり、アイプチなどでたるん...
    続きを読む

  • 目の上のたるみとり
    銀座
    横浜

    目の上のたるみ取りって何?目の上のたるみは年齢と共に現れ、二重幅が狭くなったり、目にかぶさってくるなど、どうしても老けた印象を与えがちです。二重のり、アイプチな...
    続きを読む

  • 黒目整形(見開きアップ術)
    銀座
    横浜

    黒目整形(見開きアップ)って何?黒目整形は、黒目の部分が大きく見えるように上まぶたの開きを改善する施術です。二重術をお受け頂く患者様の多くは“目を大きくしたい”...
    続きを読む

  • 目頭切開法
    銀座
    横浜

    目頭切開って何?目頭切開法は目頭を覆っている蒙古襞(モウコヒダ)と呼ぶ皮膚を数mm切開し、取り除く事で大きな印象の目元にする施術です。目頭(鼻側)のピンク色の組...
    続きを読む

  • 目尻切開法
    銀座
    横浜

    目尻切開法って何?目尻切開法は、目尻の皮膚を取り除くことによって大きな印象のお目元にする施術です。元の状態により限界はありますが、切れ長な印象をデザインしたり、...
    続きを読む

  • たれ目形成(クイック法・グラマラスライン切開法)
    銀座
    横浜

    たれ目形成(クイック法・グラマラスライン切開法)って何?私達アジア人の目元は欧米人の方と比べると目が細く、つり目がちな人が多いことが特徴です。たれ目形成術は元々...
    続きを読む

  • 切らない眼瞼下垂術眼瞼下垂治療
    銀座
    横浜

    眼瞼下垂って何?眼瞼下垂(ガンケンカスイ)とは、まぶたを開く機能が弱まり目が開きにくくなる状態のことです。皮膚が瞼に被さり、目つきが悪く、眠そうでぼんやりとした...
    続きを読む

診療一覧
Other Contents
お電話での予約・お問い合わせはこちらから
  • A CLINIC 横浜院

    045-594-6440

    045-594-6440

    • 診療時間
      10:00〜19:00
    • 休診日
      水曜日・日曜日
  • A CLINIC 銀座院

    03-6264-2887

    03-6264-2887

    • 診療時間
      10:00〜19:00
    • 年中無休(年末年始を除く)