ジョールファット除去

顔のお悩み

ジョールファット
除去とは?

ジョールファット除去とは、口角周辺にある脂肪を除去する施術。口角の下の部分が膨らんで見える下膨れを改善したり、マリオネットラインのシワやたるみを予防します。

ジョールファット除去は
こんな方に
オススメです!

  • ブルドック顔を改善・予防したい
  • 下膨れ顔を改善したい
  • 口角・口元のもたつきが気になる
  • 1回の施術でしっかりと効果を実感したい
  • ダイエットでは顔痩せができなかった
  • 特定の部位だけ脂肪を取り除きたい

ジョールファット除去の
ポイント

ジョールファット除去術のポイント

顔の脂肪そのものを減らすだけではなく、将来的なシワやたるみの予防にも。
ジョールファット除去術は、口の中の粘膜から取り出すため、傷跡も目立ちにくく抜糸の必要もありません。そのため表面上では施術を行ったことはほとんど分かりません。

ジョールファット除去術のポイント

ジョールファット
除去の流れ

  1. step01
    カウンセリングにてお悩みをお伺いし、ジョールファット除去についてしっかりとご説明させて頂きます。その上で、患者様と一緒に治療計画を立てていきます。ご不明な点やご心配な事などございましたら、お気軽に担当医師にご質問ください。
    step01
  2. step02
    ジョールファット除去について、ご不明な点やご心配な事が解消されましたら、カウンセリング、診察日当日に施術までのご案内も可能です。
    step02
  3. step03
    イソジンで口の中を消毒した後、口の中の粘膜(口角の少し奥)を5mm程切開してお口の中から脂肪を除去します。
    step03
  4. step04
    お口の中から施術を行うため、外側から傷口はほとんど分かりません。また抜糸の必要はございません。
    ジョールファット除去後、何か不安な点がございましたら、お気軽にお問合せください。
    step04

ジョールファット除去
料金・施術詳細

ジョールファット除去術 248,000
(税込272,800円)
施術時間 約20~30分程
抜糸 必要ありません。
腫れ・痛み 腫れや痛みが生じることがあります。徐々に落ち着きますが、約1週間程で落ち着きます。
※個人差があります。
内出血 メイクでカバーできる程度ですが、施術後1〜2週間位、内出血により赤紫色になることがあります。
※個人差があります。
傷跡 口の中から施術を行うためほとんど目立ちません。
麻酔 局所麻酔を使用します。チクッとした軽い痛みはあります。
ご希望の場合は笑気麻酔を併用します(別途¥3,000)。
洗顔/メイク/シャワー/洗髪 当日から可能です。歯磨きは12時間後から可能ですが、歯ブラシは口角に当たらないように気を付けて下さい。
入浴 翌日より可能です。
その他 手術当日、翌日は固形物の飲食はお控えください。流動食(重湯、ゼリー系など)のみ可能です。
感染予防のためイソジンのうがいは1週間行ってください。

ジョールファット除去
よくあるご質問

ジョールファット除去の傷跡は目立ちますか?
口の中からジョールファットの除去を行う為、肌表面に傷跡はつかず、目立つことはありません。
ジョールファット除去の痛みやダウンタイムはどれくらいですか?
個人差はありますが、腫れや痛みが生じることあります。徐々に落ち着いてきますが、約1週間程度で落ち着いてきます。
ジョールファットは除去して大丈夫なのでしょうか?
ジョールファットは除去しても大丈夫な脂肪です。
口元のもたつき・ゆるみ・マリオネットライン・ブルドッグ顔が目立つ原因となる為、除去してしまったほうが将来的な予防につながります。
メイク、シャワー、入浴はジョールファット除去後、いつから大丈夫ですか?
メイク、シャワーは当日から可能です。入浴は翌日からお願い致します。
歯磨きは12時間後から可能ですが、歯ブラシは口角にあたらないようにお気をつけください。
ジョールファット除去後、食事で注意する点を教えてください。
施術当日と翌日は固形物を食べるのはお控えください。ゼリーや重湯をご飲食ください。
また感染予防の為、イソジンのうがいは1週間行ってください。
カウンセリング当日にジョールファット除去は可能ですか?
当日のご予約の状況にもよりますが施術は可能です。
当日施術希望の方は、あらかじめご予約時にご連絡ください。
ジョールファット除去は未成年でも受けられますか?
患者様の状態や年齢にもよりますが、施術は可能です。
未成年の方は、親権者の同意書が必要ですので予めご用意お願い致します。

ジョールファット除去と
組み合わせる
オススメの施術

ジョールファット除去に加えることにより、効果や持続をさらに高めることができます。