顔のお悩み (目の下)たれ目形成(クイック法・グラマラスライン切開法)

たれ目形成(クイック法・グラマラスライン切開法)

たれ目 垂れ目 パンダ目 かわいい

たれ目形成(クイック法・グラマラスライン切開法)って何?

 

 私達アジア人の目元は欧米人の方と比べると目が細く、つり目がちな人が多いことが特徴です。

 

 たれ目形成術は元々の目元に合わせて、目尻を下げたれ目の印象に整えることによって、きつい印象の目元を解消させ、少し垂れたやさしい印象の目元を叶えます。

 

 他にも下瞼を少し下げて黒目の見える範囲を広げる事で目を大きく見せる事も可能です。

 

 切開せずに医療用の糸で整える方法と、切開して余分な皮膚を除去して整える方法があり、ご要望や現在の目元の状態に合わせて施術を行うことができます。

 

 ダウンタイムが少ないクイック法(糸)、より強い効果が得られる切開法の2種類をご用意しております。

 

 

たれ目形成(クイック法・グラマラスライン切開法)の施術の流れ

 

クイック法(糸)

 点眼麻酔のあと、極細の注射針にて局所麻酔を行います。

 

 その後デザインをした目尻側の下瞼を医療用の糸で留めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

・グラマラスライン切開法

 点眼麻酔のあと、極細の注射針にて局所麻酔を行います。

 

 デザインした目尻側の下瞼を切開し、内側のCPFと瞼板を縫い縮め縫合していきます。

 

 たれ目の具合を確認し、皮膚を縫合します。

 

※切開の場合は5日~7日に抜糸でのご来院が必要です※

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たれ目形成(クイック法・グラマラスライン切開法)の適応

 

クイック法(糸)

ダウンタイムが取れない方

簡単にタレ目にしたい方

 

 

・グラマラスライン切開法

より強い効果が欲しい方

ダウンタイムが大丈夫な方

 

 

A CLINICの腫れない!たれ目形成クイック法(グラマラスライン)法のメリット、デメリット

 

たれ目形成(クイック法・グラマラスライン切開法)のメリット

・クイック法(糸)

ダウンタイムが少ない

直後からメイクが出来る

 

・グラマラスライン切開法

より強い効果が望める

 

 

たれ目形成(クイック法・グラマラスライン切開法)のデメリット

・クイック法(糸)

糸が緩む可能性がある

 

・グラマラスライン切開法

ダウンタイムが長い

抜糸までメイクが出来ない

 

 

A CLINICの腫れない!たれ目形成クイック法(グラマラスライン)の特徴

 

・クイック法

スタンダード

 麻酔針は32Gを用い、他院でも良く使用されている縫合糸を使用します。

 

 腫れ内出血などのダウンタイムは個人差もありますが約3~5日がピークとなります。

 

 

アドバンス

 強度のある極細の縫合糸を使用します。麻酔針は34Gを用いるため痛みや腫れ、内出血がスタンダードと比べると非常に少なく、またタレ目の持続を高めます。

 

 ダウンタイムは個人差もありますが約1~3日がピークです。

 

 

・切開法

スタンダード

 麻酔針は32Gを用い、下瞼の外側の皮膚を切開します。

 

 CPFと瞼板を1か所縫い縮めます。その後医療用の縫合糸を使用し皮膚を縫合します。

 

 

アドバンス

 麻酔針は34Gを用い、下瞼の外側の皮膚を切開します。

 

 CPFと瞼板を2か所縫い縮めます。2か所留める事でより強い効果と持続が期待できます。

 

 その後医療用の縫合糸を使用し皮膚を縫合します。この時成長因子の薬を傷口に使用します。成長因子を使用する事でより傷跡が目立ちにくくなり、腫れや内出血などの傷跡の回復にも期待できますます。

 

 

たれ目形成(クイック法・グラマラスライン切開法)と組み合わせるおすすめの施術

 

目頭切開

 目頭にある蒙古ひだを解消することで自然な幅の平行型の二重に近づきます。

 

 

黒目整形(見開きアップ術)

 切らずに目の開きを改善することでより大きな目で明るい印象になります。

 

 

涙袋形成術(ヒアルロン酸)

 ヒアルロン酸の注入で涙袋を作ることによりはっきりとした目元に。

 

 

 当院では患者様の元々の眼の状態や希望の二重幅、ダウンタイムの可否など様々な観点から相談させていただき、患者様それぞれに応じた最適な施術をご案内させていただきます。

 

 

 

 

美容外科 美容整形 症例写真

 

たれ目形成(クイック法・グラマラスライン切開法)はこんな方におすすめ

  • たれ目になりたい
  • きつそうな印象を解消したい
  • 優しそうなかわいらしい目元になりたい
  • 切開したくない

たれ目形成(クイック法・グラマラスライン切開法)の料金

  • たれ目形成クイック法 スタンダード
    198,000円(税込)
  • たれ目形成クイック法 アドバンス
    348,000円(税込)
  • たれ目形成 切開法 スタンダード
    548,000円(税込)
  • たれ目形成 切開法 アドバンス
    698,000円(税込)

たれ目形成(クイック法・グラマラスライン切開法)の詳細情報

施術時間

約30分程。

抜糸/施術後の通院

《クイック法》必要ありません。
《切開法》5~7日後に抜糸にご来院して頂きます。

腫れ

《クイック法》 徐々に落ち着きますが、2日〜1週間程で落ち着きます。
《切開法》5〜7日程で落ち着いてきます。さらに2〜3週間程で自然な仕上がりになります。
※個人差があります。

内出血

施術後1〜2週間位、内出血により赤紫色になることがあります。
※個人差があります。

傷跡

《切開法》2週間程は赤みがあることがありますが、
2~3ヶ月程かけて細い白い線になり目立ちくくなります。
※個人差があります。

麻酔

点眼麻酔・局所麻酔を使用します。
チクッとした軽い痛みはあります。
笑気麻酔を併用することで痛みを緩和できます。(別途¥3,000)

洗顔/メイク/シャワー/洗髪

《クイック法》翌日より可能です。
《切開法》抜糸後より可能です。

施術部位を避けて頂ければ当日から可能です。

入浴

《クイック法》翌日より可能です。
《切開法》抜糸後から可能です。

コンタクトレンズ

《クイック法》翌日より可能です。
《切開法》抜糸後から可能です。

激しいスポーツ/お顔への強いマッサージ

1ヶ月間お控えください。

その他

・まつ毛エクステをしていても施術を受けることはできますが、
 取れる場合がありますのでご了承ください。
・当日のお車の運転はお控えください。

目の下のお悩み別でさがす

無料カウンセリング無料カウンセリング
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ