その他のお悩み (点滴)花粉症ステロイド注射(ケナコルト注射)

花粉症ステロイド注射(ケナコルト注射)

花粉症ステロイド注射って何?

 

 花粉症は、体内に抗原である花粉が入り免疫系が反応することで起こるアレルギーです。

 

 くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの辛い症状を改善するために、内服薬や点鼻薬を使われる方も多いですがつい薬を飲み忘れてしまったり薬の効果をあまり実感できない方、眠気や口の渇きなどの副作用が辛く感じているかたにおすすめです。

 

 

花粉症ステロイド注射の流れ

 

 医師の診察のあと、二の腕、もしくは臀部に皮下注射を行います。

 

 効果の出方には症状の重症度などの個人差もありますが目安として3~4週ほどの持続が期待できます。

 

 

花粉症ステロイド注射の適応

・花粉症の方

・アレルギー症状のある方

・後述の禁忌に当たらない方

 

 

A CLINICの花粉症ステロイド注射のメリット、デメリット

 

花粉症ステロイド注射のメリット

・施術時間が短い(1分ほど)

・注射時の痛みが少ない

・他の花粉症薬よりも効果が大きい

・1度の注射で長期間の効果が期待できる

 

 

花粉症ステロイド注射のデメリット

・長期間続けると副作用が起きやすい

・同一部位に多量に注射をすると白斑・脂肪萎縮を起こすことがある

・注射が適さない方が多い

感染症・全身の真菌症の方(免疫が抑制されるため)

結核性疾患の方(免疫が抑制されるため)

消化性潰瘍の方(胃潰瘍が悪化するため)

精神疾患の方(中枢神経に作用して精神症状が悪化するリスクがあるため)

単純疱疹性角膜炎の方(免疫が抑制されるため)

白内障や緑内障の方(水晶体線維や眼圧に影響するため)

高血圧症の方(電解質代謝作用により、 高血圧症が悪化するため)

電解質異常のある方(電解質代謝作用により、 電解質異常が悪化するため)

血栓症の方(血液凝固促進作用により、血栓症が悪化するため)

最近手術を行った方(創傷治癒が障害されることがあるため)

急性心筋梗塞の既往がある方(心破裂を起こしたという報告があるため)

これらの項目に当てはまる方は、ケナコルト注射は原則禁忌とされています。

 

 慎重投与

糖尿病の方(血糖値が上昇するリスクがあるため)

骨粗鬆症の方(骨がもろくなる可能性があるため)

腎不全の方(腎機能を悪化させる可能性があるため)

肝機能低下・脂肪肝の方(脂質代謝に働き肝機能が悪くなるため)

脂肪塞栓症の方(脂質代謝に関与し塞栓がさらにできる可能性があるため)

重症筋無力症の方(使用初期に症状が一時的に悪化することがあるため)

甲状腺機能低下症の方(甲状腺機能が悪化することがあるため)

 

 

A CLINICの花粉症ステロイド注射の特徴

 

 花粉症ステロイド注射はケナコルトという特殊なステロイド注射薬です。

 

 ケナコルトは、注射後3~4週間血中濃度が維持される特殊な薬剤となっており、一度の注射で長く効果を期待できます。

 

 ステロイドは体内での免疫反応を抑える効果があり、アレルギー反応による症状を強力に緩和いたします。

 

 

花粉症ステロイド注射と

組み合わせるおすすめの施術

 ステロイド注射に加え、ほかの施術も組み合わせることでより症状を緩和いたします。

 

プラセンタ注射・内服薬

 免疫力を高めアレルギー体質の改善になります。くしゃみや目のかゆみなどの炎症を抑える働きを助けます。

 

 

花粉症ステロイド注射(ケナコルト注射)はこんな方におすすめ

  • 花粉症やアレルギーでお困りの方
  • 即効性を求めている方

花粉症ステロイド注射(ケナコルト注射)の料金

  • ステロイド注射
    14,800円(税込)

点滴のお悩み別でさがす

無料カウンセリング無料カウンセリング
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ