症例写真

症例写真

副院長柴田貴志による 切らない眼瞼下垂術で見開きアップ♪黒目整形(見開きアップ術)の症例です(50代女性)

BEFORE BEFORE
AFTER AFTER

A CLINIC(エークリニック)の切らない 眼瞼下垂術黒目整形(見開きアップ術)の症例です。

目の開き眉毛の高さの部分の変化にご注目ください!

 

を見開いたときに、黒目にまぶたがかかっていないのが正常な状態ですが、何らかの原因でを開いたとき、まぶたが黒目にかぶさった状態になる場合があります。

まぶたを持ち上げる筋肉のトラブルによって、そういう状態が起こってしまいます。これが眼瞼下垂です。

眼瞼下垂が起こった場合、私たちは、ほとんど自覚しないまま、まぶたを眉毛ごと持ち上げたり、あごを上げて視角を変えたりすることで、視野を広げようとします。

その結果、眼瞼下垂の度合いがかなり進んでしまっているということも少なくありません。

 

今回の症例モデル様は、間延びし、まぶたが下がり、表情も眠たそうで、どこか疲れたような印象を受けます。

施術前の写真からも、眼瞼下垂を起こしてまぶたが重くなっていることがはっきりと見てとれます。

また、を開くのに眉毛を上げてしまい(眉毛を上げないと目が開かない為)、シワが寄ってしまっているのが確認できます。

Aクリニックの切らない眼瞼下垂術黒目整形(見開きアップ術)で、目を開ける筋肉を引き締め直し、上がった黒目を下げました。

 

 

処置前

眼瞼下垂治療タッキング法

 

 

 

 

 

 

 

処置直後

眼瞼下垂治療タッキング法

 

 

 

 

 

 

 

処置前

眼瞼下垂治療タッキング法

 

 

 

 

 

 

 

処置直後

眼瞼下垂治療タッキング法

 

 

 

 

 

 

 

処置前

眼瞼下垂治療タッキング法

 

 

 

 

 

 

 

処置直後

眼瞼下垂治療タッキング法

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。

施術直後には、 が開き、眉毛の位置が下がってシワが消え、若い頃のようなに戻りました。

の見開きがよくなり、目元がぱっちりと印象も若々しくなりました。

処置直後でも腫れはほとんどなく、お仕事の方でも安心してお受けいただけます。

二重のラインを変えずに目を大きくし、黒目を大きく見せることが特徴です。

黒目が大きくなるだけでなく同時に目の上のへこみもなくなります。

へこみがなくなり黒目が大きく見えると、目ヂカラがアップして若い頃の元気な印象にごく自然に戻ることができます。

まぶたが重く感じる・が疲れやすい・目元が疲れて見える・の開きが悪くなり、黒目が隠れてしまう・

左右での大きさが違う・まぶたの二重の幅が広がってきた・二重の線が薄くなり増えてきた・上まぶたのくぼみが深くなった・

眉毛とまつげの間隔が広がってきた など

このような方は、一度是非ご相談くださいませ。

 

→副院長柴田貴志の症例写真はコチラからご覧いただけます

 

A CLINIC(エークリニック)では腫れ・痛みを最小限に抑えることに全力を注いでいます

しみ・しわ・たるみ・毛穴・お肌の若返り・プチ整形・二重術・鼻を高くする・小顔にする・痩身など、

美容の事なら何でもA CLINIC(エークリニック)にご相談ください。

患者様のお顔立ちや骨格に合わせ

患者様の仕上がりの希望イメージを叶えられるように

トータルビューティーを意識して適切な処置を行います

必要ない処置や患者様が希望しない処置は無理にはお勧めしたり致しません

A CLINIC(エークリニック)横浜 美容外科 美容皮膚科 形成外科 

副院長 柴田貴志

診療別検索

詳細検索

無料カウンセリング無料カウンセリング
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ