切らない眼瞼下垂術で見開きアップ♪黒目整形(見開きアップ術)の症例です(50代女性)
  • BEFORE

    BEFORE logo
  • AFTER

    after logo
Before BEFORE
After AFTER

施術名:眼瞼下垂症治療タッキング法

施術内容:重瞼ラインで上まぶたの皮膚を切開し、眼瞼挙筋腱膜を前転、短縮することで開眼機能を改善し、眼瞼下垂症を治療します。皮膚縫合糸は1週間ほど後に抜糸いたします。施術は1時間程度、1回で終了します。

リスク、副作用:腫れ、内出血、疼痛、目がごろごろする・つっぱるなどの違和感などが術後一時的に生じることがございます。また、稀に細菌感染症、左右差、後戻り、重瞼ラインの消失・乱れ、傷跡の凹凸、肥厚性瘢痕、色素沈着、施術箇所の知覚鈍麻、兎眼、結膜腫脹などが生じることがございます。

費用:スタンダード 398,000円(税込437,800円)
アドバンス 598,000円(税込657,800円)
オプション 表面麻酔 3,000円(税込3,300円) 笑気麻酔 3,000円(税込3,300円)

担当ドクター

統括院長

山田哲雄(ヤマダ テツオ)

担当症例をもっと見る

A CLINIC症例モニター募集中!ドクターもご指名いただけます。

モニターページへ 症例モニター応募方法と流れについて

初診料・カウンセリング無料!

A CLINIC 銀座院 ご予約はこちらから

SEARCH

症例の検索

施術名ごとの症例をご覧になりたい方は「カテゴリから探す」を選択後、「施術名」からお選び下さい。