症例写真

症例写真

目の下の血小板療法の症例です(50代女性)

BEFORE BEFORE
AFTER AFTER

人の顔を見る時には、まず「」に視線が行くことが多いのではないでしょうか。

目元は、見た目の印象に大きく影響を与える部位です。目元シワが寄っていたり、たるんでいたりすると疲れて見えたり

老けた印象を与えてしまいます。

このような目元のお悩みを簡単に解消できる治療法の一つとして、

今回の症例モデル様が受けられたPRP(多血小板血漿)療法をご紹介いたします。

 

目元は顔の中でも皮膚が薄く、乾燥しがちな部位であることから、ちりめんジワ小ジワができやすい傾向にあります。

PRP療法』は、自身の血液中に含まれる血小板を使って、シワたるみなどの治療を行う最先端の若返り治療です。

PRP(多血小板血漿)を抽出し、処置して皮膚へ注入することで多量の成長因子が放出し、コラーゲンヒアルロン酸の増産が行われます。

意図的に皮膚の修復能力を高めることで、細胞レベルで肌をよみがえらせ、シワたるみを改善することができるのです。

自身の細胞を使うので安全性が高く、施術も採血と注入だけなのでお手軽にお受けいただけます。

 

 

処置前

血小板療法(PRP)

 

 

 

 

 

 

 

処置後1ヶ月

血小板療法(PRP)

 

 

 

 

 

 

 

処置前

血小板療法(PRP)

 

 

 

 

 

 

 

処置後1ヶ月

血小板療法(PRP)

 

 

 

 

 

 

 

処置前

血小板療法(PRP)

 

 

 

 

 

 

 

処置後1ヶ月

血小板療法(PRP)

 

 

 

 

 

 

 

 

目の下の凹みシワが目立たなくなり、すっかりと若々しくなりました。
患者様にも大変喜んでいただきました。

目周囲の小ジワはなかなか隠すのも難しく、年齢が出てしまうところです。

目の下の凹みの改善のみならず、小ジワ毛穴まで綺麗になっていますね。

ヒアルロン酸や、脂肪注入でもボリュームアップはできますが、

老化した皮膚細胞を再生させ、さらにコラーゲンヒアルロン酸などの美肌成分の生成を促し肌年齢を若返らせる、

皮膚表面まで綺麗にできるPRP療法はやはり素晴らしい治療です。

気になる方はぜひお問い合わせくださいませ。

 

→副院長柴田貴志の症例写真はコチラからご覧いただけます

 

A CLINIC(エークリニック)では腫れ・痛みを最小限に抑えることに全力を注いでいます

しみ・しわ・たるみ・毛穴・お肌の若返り・プチ整形・二重術・鼻を高くする・小顔にする・痩身など、

美容の事なら何でもA CLINIC(エークリニック)にご相談ください。

患者様のお顔立ちや骨格に合わせ

患者様の仕上がりの希望イメージを叶えられるように

トータルビューティーを意識して適切な処置を行います

必要ない処置や患者様が希望しない処置は無理にはお勧めしたり致しません

A CLINIC(エークリニック)横浜 美容外科 美容皮膚科 形成外科 

副院長 柴田貴志

症例モデル様も募集しています。 大幅割引で処置可能です お気軽にご相談ください

診療別検索

詳細検索

無料カウンセリング無料カウンセリング
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ