肌のお悩み (たるみ)バッカルファット除去術(ホホの脂肪取り)

バッカルファット除去術(ホホの脂肪取り)

バッカルファット除去術って何?

 バッカルファットとはホホ上部の深い層にある脂肪のことで、若い時はホホ上部に留まりますが、年齢と共に脂肪を支える力が弱まり、脂肪が下へ移動してしまいます。

 

 脂肪が下垂し、顔の下部分に脂肪がたまると、口元周りにたるみを感じたり、老けて見える印象を与えます。

 

 また、長年顔の下部分に脂肪が乗っかていると、ほうれい線やマリオネットライン(口角下のしわ、溝)の原因へ繋がります。

 

 ほうれい線のしわやマリオネットラインなどをヒアルロン酸などで埋めようとする方もいますが、根本的にはバッカルファットが原因で脂肪のふくらみが影や段差を作っている事もあります。

 

 この場合はヒアルロン酸などで溝を埋めると、顔全体が膨らんだ印象を与えてしまいがちなので、原因であるバッカルファットを除去することが一番といえます。

 

 

バッカルファット除去術の施術の流れ

 術前に医師とどこの脂肪が気になるのか、どこを中心に除去をするのかご相談いただきながらシミュレーションいたします。

 

 口の中からの施術になりますので、イソジンで口の中を消毒した後、奥歯辺りの頬粘膜に局所麻酔を行い、1cmほど切開します。

 

 切開した部分から脂肪を適量切除し、溶ける糸で縫合します。溶ける糸を使用することため抜糸のための通院はございません。

 

 

バッカルファット除去術の適応

・頬にたるみがあるように見えてしまう

・顔が大きく見える

・下膨れタイプ

・口の横が膨らんで見える

 

 

A CLINICでのバッカルファット除去術の特徴

 

 当院では痛み、腫れや内出血などのダウンタイムを少なく、治療を安心してお受けいただけるよう努めております。

 

 バッカルファットの施術は、口腔内からのアプローチとなる為、お顔に傷は残りません。

 

 また深い層の脂肪を除去するので基本的には青あざ、内出血等は出にくく、大きな腫れや浮腫みは2、3日ほどで落ち着きます。

 

 傷口は溶ける糸を使用するため、通院も必要ございません。

 

 またハミガキも前歯のみであれば当日から、全体のハミガキは翌日からして頂けます。感染予防のため、イソジンのうがいで1週間消毒して頂きます。

 

 

バッカルファット除去術と組み合わせるお勧めの施術

 

BNLS注射(脂肪溶解注射)

 バッカルファット除去では減らせない皮下脂肪を注射で減らすことで、より小顔効果が期待できます。

 

Aスレッド

 肌のたるみを引き上げることでよりすっきりとしたフェイスラインに整えます。

 

バッカルファット除去術(ホホの脂肪取り)の料金

  • 両側
    398,000円(税込)
  • 片側のみ
    238,800円(税込)

バッカルファット除去術(ホホの脂肪取り)の詳細情報

施術時間

30~40分

抜糸/施術後の通院

抜糸、通院なし

腫れ・痛み

2、3日から一週間

内出血

ほとんどなし
個人差によって1~2週間ほど

麻酔

局所麻酔
希望であれば笑気麻酔の併用可

メイク/入浴/洗顔/洗髪/シャワー/コンタクトレンズ

当日より可能

激しいスポーツ/お顔への強いマッサージ

1週間後から可能

その他注意事項

ハミガキは前歯は翌日、全体は3日後から可
イソジンでの消毒は1週間
歯医者、刺激物の飲食は1週間後から可

たるみのお悩み別でさがす

無料カウンセリング無料カウンセリング
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ