ドクター紹介&ブログ

ドクター紹介&ブログ

佐藤 玲史

佐藤 玲史 ドクター

セミナー参加報告

2019年03月20日

先日、点滴療法研究会のセミナーに参加してきました。

テーマは『臨床現場における幹細胞上清療法の導入と実践』

今話題のトピックスでした。

それだけに反響が大きく、もともと50名だった定員を増席して140名の参加者が集い、会場は満席で熱気に溢れていました。どのドクターも熱心に聞き入っていたのが印象的です。

私も他のドクターに遅れまいと最新の知見を吸収すべく頑張ってまいりました。

 

幹細胞やその上清液は今後の医療にとって大きな役割を担うポテンシャルがあると感じました。美容医療はもとより、他科の分野でも大きな可能性を秘めていると思います。

多様性を持つ幹細胞を患者様から採取した後、培養し、数を増やした細胞を直接治療に用いる技術もすでに確立し始めていますが、倫理上、法律上、安全上、費用上など種々の問題があり、なかなか気軽に治療を受けることが出来ないのも事実です。更に実施医療機関側にも様々な制約があることがその普及に歯止めをかけています。

個人的には、幹細胞を直接用いる治療は、やはり慎重に事を進めるべきですので、このような様々な制約は必要だとも考えています。

一方、幹細胞を培養した時の上清液、つまり上澄み液を用いる治療は上記の多くの問題がないか、若しくはあっても軽いものであるので今後とても期待の持てる分野であると思います。きっと爆発的に普及するのではないでしょうか。

 

この幹細胞上清療法については、今後機会を改めてお書きしたいと思いますが、一つだけ、このセミナーで一番印象的だったことについて触れます。

それは国立がん研究センターの落谷先生の講演でした。最先端のがん治療をエクソソームの観点から述べたうえで、

 

「何をすれば健康になれるのかはもう分かっている。問題はどのようにそれを実現するかだ。医食同源の考えから、それを食事として摂取出来るようにするのが、究極の目標だ」

と述べられていました。

エクソソームと同様のことを幹細胞培養上清液、延いては食事から摂取できる時代になることを予言しておられました。とても素晴らしい講演でした。勉強になりました。有難うございました。

 

皆様のご来院をお待ち申し上げております。

A CLINIC銀座(月水木土)

A CLINIC横浜(金)

無料カウンセリング無料カウンセリング
ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ
シミひとつない、究極の美肌を手にいれる ピコレーザー