佐藤 玲史

佐藤 玲史

スターバックスに学ぶ

2019年04月25日

今回は少し肩の力を抜いた話題です。

先日、中目黒のスタバ『スターバックスリザーブ ロースタリー東京』に行ってきました。

2019年2月28日に日本初上陸の『スターバックスリザーブ ロースタリー東京』はオープンしました。今回の東京目黒店はシアトル、上海、ミラノ、NYに次ぐ世界で5番目のロースタリーとなるそうです。
「スターバックス・リザーブ・ロースタリー」とはプレミアムクラスのコーヒーのみを提供するスターバックスの次世代店舗のことだそうです。コーヒー以外にも様々なお茶も楽しめるばかりか、ピザやパンなどのフードも食べることが出来、多くのグッズやコラボ商品も多彩でした。

 

 

オープン当初から大変な人気で何時間も並んだり、更に目黒川沿いの桜の季節にも大変な混雑だったそうです。ですが、広大な店舗ということもあり、2か月経った今では平日なら並ばずに入店が出来るようになってきました。

 

画像はStarbucks Coffee Japanのhpより(https://www.starbucks.co.jp/roastery/)

 

木のぬくもりと銅の温かみ、そしてコーヒーの香りに包まれる店内に自然と気分が上がります。4階まで届く高さ約17mの桜が施された銅板のCask(キャスク)(コーヒー豆を貯蔵するタンク)がひときわ目立ち、存在感があります。

 

 

そしてこの大きな店舗の設計を担当したのは世界的建築家の隈研吾氏。
多くの素晴らしい建築を手掛けられていて、オリンピックの新国立競技場のデザインなどで更に脚光を浴びています。

 

画像はhttps://taznel.si-p.net/starbucksreserveroastery_nakameguro/#.XMAQGvZuJugより

 

うーん、素敵です。

隈氏が得意とする木を主役に、目黒川や川沿いの桜並木などの外の景色に溶け込むデザインです。店内の天井も桜をイメージにしたヘリンボーンにも似たデザインが目を和ませてくれます。デッキ席も併設されているので、天気の良い日にはデッキでコーヒーを楽しむの素敵だと思います。

 

 

この素敵な空間でいろいろなことを考えました。年甲斐もなくもなく、気分が高揚し、まるで舞浜にあるテーマパークにでも来たような感覚でした。

〇まず、瀟洒なお店の建物に目を奪われ、グッと期待が高まります

〇入店の際もお洒落な扉をスタッフが恭しく開けてくれるおもてなし

〇初めて入店した私にすぐにスタッフが声を掛けてくれ、お店のガイダンスをしてくれました

〇高い天井、広々とした店内、心地よい喧噪、コーヒーやお茶の香り、どれもが身体を心地よくしてくれます

〇1階から4階まで貫くように中央に鎮座する銅製のCaskが素晴らしいです

〇1階から4階まで建物全体がまるでコーヒー工場になっていて、コーヒー豆の焙煎から寝かせ、そして選別、袋詰めまで、目や香りで楽しむことが出来、そしてその貴重な豆を購入することが出来ます

〇よくあるスタバに見られるような、MacBookのパソコンを操作したり、試験勉強をしたりして、コーヒー一杯で長居している人もいないようです(笑)

〇どのスタッフも十分に教育されていて、商品知識は勿論ですが、礼儀を失わず且つフランクな会話でとても心地よいコミュニケーションをして頂きました

〇実は、私がコーヒーを派手にこぼしてしまうという粗相をしでかしたのですが、スタッフの迅速な清掃や気遣い、即座にお手拭きを出して頂き、何と代わりの飲み物まで出して頂きました(大変ご迷惑をお掛けしました、有難うございました)

〇完全なお上りさんであった私の記念撮影のシャッターもスタッフさんは気持ちよく引き受けて下さいました、有難うございました

〇帰りにも勿論、お声掛け、扉を丁寧に開けて頂きました

もともとスタバは数あるコーヒーチェーン店の中でも頭一つ抜けているな、という印象を持っていましたが、今回のこの出店でスタバが更に図抜けた印象を持ちました。

私の知り合いのコーヒー豆の社長さんもかなり拘りのコーヒー豆をお造りになっていらっしゃいますが、その厳しい方ですらスタバを褒めていたのも頷けます。

 

 

美容医療は多分にサービス業という側面を持っています。

今の自分は果たして同じレベルのもてなしを実践できているのだろうか、将来的にはどのような空間、雰囲気で患者様をお迎えし、そしていかに心地よくお帰りになって頂くか、そんなことを考えていました。

とてもとても参考になったし、更に勉強をしなくてはならないと感じました。

 

しかしながら、これほど人気のスタバですが、オープン2か月で長時間の待ち時間が要らなくなった現実をどう解釈するか、である。

流行に敏感な若者は、熱しやすく冷めやすいのか。どの時代、どの年代にも愛され求められる普遍的な真のサービスを追求し、求めていく必要性も感じました。

いろいろ勉強になりました。

クリニックで皆様のお越しをお待ち申し上げております。

A CLINIC銀座(月水木土)

A CLINIC横浜(金)

美容外科専門医・美容皮膚科医 佐藤 玲史

Other Contents
お電話での予約・お問い合わせはこちらから
  • A CLINIC 横浜院

    045-594-6440

    045-594-6440

    • 診療時間
      10:00〜19:00
    • 休診日
      水曜日・日曜日
  • A CLINIC 銀座院

    03-6264-2887

    03-6264-2887

    • 診療時間
      10:00〜19:00
    • 休診日
      火曜日